会員写真展案内

久野鎮 写真展     Xシリーズで未来像を描く

2021年3月12日(金)~            3月18日(木)

富士フォトギャラリー銀座

宮内勝廣写真展    「祇園舞妓       日々のつれづれ」

2021年4月2日(金)~

4月8日(木)

富士フイルムフォトサロン東京

四季折々、町家の陰影が醸し出す舞妓の日常を中心に全紙・半切、カラー・モノクロ合わせて40枚を展示

芳賀健二写真展    「じょんのび春秋」   -越後の早春と晩秋-

2021年4月9日(金)~

4月15日(木)

富士フォトギャラリー銀座

奥田恭子写真展    「想い出のバングラデシュ」「インド風貌」

2021年4月14日(水)~

4月19日(月)

みなとみらいギャラリー A・B・C

角山保子 写真展

角山保子 会員番号1079

旅話~チベット~

 

 2010年8月、チベット10日間の旅に参加。

 旅程は、成都(高度500m)→八一(3,000m)→ラサ(3,650m)から青蔵鉄道(平均高度4,500m)→西寧(2,200m)→成都というものだ。高所に順応するために、徐々に標高を上げていく行程である。

 各地で印象深い光景に出会った。チベットが中国の領土になり、宗教を禁じられたが、仏教を信じ、なおも祈り続ける人々があちこちにいた。青蔵鉄道から見えるヤクと羊の群、高所の厳しい自然環境の中で、ヤクと羊を生活の糧として生きる遊牧民たち。岩陰にひっそり咲く幻の高山植物、ブルーポピーに出会えたのも貴重な体験であった。