ホームページ管理上のお知らせ

本ホームページへの記事掲載については下記の原則を適用しておりますのでご理解のほど御願いいたします。

 

1. 公序良俗に反しない限り、提供いただいた原稿はそのまま掲載しています。(当協会としての大原則である”表現の自由と責任”を尊重するため)

2. 原則的に、6ヶ月以上たった原稿は”特に依頼のない限り”削除します。(サーバーの容量と管理上の理由による)

3. 2013年3月以前の旧ホームページは、2016年3月31日をもって削除いたしました。(2013年3月でのホームページ作成者交代に伴い、作成ソフトが変わっているため)

会員写真展案内

木川次夫写真展     「北邊に生きるⅣ」    ━魅せられて北国━

坂直尭写真展      「女はとても美しい」

杉本 旭 写真展

杉本 旭 SUGIMOTO Akira  会員番号1051

京都外国語大学英米語学科卒業
数年の社会人生活の後、フットヒル大学で写真を学ぶ
帰国後からスポーツ写真をはじめる
平成20年頃より風景写真を再開
現在スポーツと風景の二刀流

JPS展、JPA展、視点、日本写真文化協会展、東京写真月間など、入賞入選多数

日本光画会会友、日本写真協会会員、2011年よりJPA会員

豊田限定—私的風景片道1時間の旅〜秋から春

取り留めの無い風景の連続に見えるが、写真を地元密着でするには、これ一本で一年じゅう被写体に困らないとはならないからだ。ただ、写真をしたいと言う気持ちに、強いえり好みをして水を掛けたくない。

スポーツの他に、私のもう一つの自分の目が心を活性化させています。

幸運と非情の脈動 – 高校野球 心の姿

青春真只中のスポーツには、スポーツの原型がハッキリとある様に見える。

高校生人生がそれに投影され、まさに自分の意味なのである。

ダイナミックに生き物の様に目の当たりにする幸運と非情の人間ドラマ。

普通の高校生が作る地方高校野球に甲子園に匹敵するドラマがあるのである。

女の闘争本能とWリーグ                       Girls’ instincts for fights and W league etc.

この直近の11年〜12年、12年〜13年の2シーズンのWJBLのレギュラー ラウンドを中心に great player だったアイシンAWの浜口時代を少し入れて編集しました。地元三河の大会を撮っているのでトヨタ アンテロープスが多くなりました。

 Wリーグ、その核心は女達のピークに存在するプレーヤー達の厳しい凌ぎ合いである。日頃厳しい監督に指導され、一部の選手以外来年がどうなるのかハッキリ見えない選手達のワンプレー、ワンプレーが有るのである。全力の闘争の中で色々な感情や展開を伴いながら推移するゲーム。女の晴れ舞台に、女の普段目にしにくい闘争本能がハッキリ見える時がある。女の闘争もプレーにおいても、今の自分の意味とその未来においてもかなりの闘争なのである。しかし、ハッキリ割り切って戦う姿のように見える。女に与えるには過酷な様に思えてくる青春時代のあり方であるが、彼女達がプロフェッショナルなので、あまり苦が無く見れてしまう。それが人間の世の中だとも思えてしまう時がある。