ホームページ管理上のお知らせ

本ホームページへの記事掲載については下記の原則を適用しておりますのでご理解のほど御願いいたします。

 

1. 公序良俗に反しない限り、提供いただいた原稿はそのまま掲載しています。(当協会としての大原則である”表現の自由と責任”を尊重するため)

2. 原則的に、6ヶ月以上たった原稿は”特に依頼のない限り”削除します。(サーバーの容量と管理上の理由による)

3. 2013年3月以前の旧ホームページは、2016年3月31日をもって削除いたしました。(2013年3月でのホームページ作成者交代に伴い、作成ソフトが変わっているため)

会員写真展案内

大久保千広        「大久保千広と週刊文春の 35年」

籔本近己        「軌跡をたどる」

JPA岡山サポーター   PHOTOGROUP             ING&NEXT

牧島ヒロミツ      「かたちの誘惑」

山岡茂男        「100時間の雲南省紀行」

山田 昇        「秩父路」

戸渡俊康        「自然美との邂逅」

菅家令子        「油絵個展」

JPA日本写真作家協会    東北地区入賞・入選作品展

池村まさお写真展    「世界の絶景」

戸渡俊康 写真展

戸渡俊康 TOWATARI Toshiyasu 会員番号1176

1950年福岡県生まれ。1970年代中期より本格的に写真撮影を開始。

当初はスナップ・神社仏閣・祭りなどとともに、その時代の事象を記録写真として撮り続ける。時が経つにつれ、記憶に残るものより、心に残る情景に移っていく。

日本各地を歩けば歩くほど、広く深く感じるものである。季節の変化の彩に、また、光と色で織り成す自然の素晴らしさを。その日本の、山稜・渓谷・滝・海・花など自然の尊さと美しさを独創的な視点に立ち、奥行き深く繊細に表現。

全国規模の写真展・美術展に入賞・入選多数。

2017年 英国ロンドンでの「日本美術展」に展示。

2018年 写真展「自然美との邂逅」を富士フォトギャラリー銀座にて開催。

     スイス・ジュネーブ(国連欧州本部)、台湾(國立中正紀念堂)にての

     国際的美術展に展示。

     12月には中国での美術祭北京展に展示決定。

写真は、素晴らしさを、美しさを、厳しさを、優しさを、心で撮るものです。そして見えぬ心を表すものです。

「佛説阿彌陀経」の一部に、「青色青光(しょうしきしょうこう) 黄色黄光(おうしきおうこう) 赤色赤光(しゃくしきしゃくこう) 白色白光(びゃくしきびゃくこう)」があります。ひとりで大自然に入り、求める情景を待つ時、この言葉を思い浮かべます。そして、その光と色で織り成す情景は、まさにオンリーワンで、思わず涙がにじみます。

この感受性、受容性、敏動性は80歳になっても90歳になっても変わらないだろう。

高齢になっても、長い距離を歩ければ、そして高い所・低い所へ動ければ、自然の美を追い求め、撮り続けるだろう。脈々とした自然感受を表現し、時には強烈に、時には豊潤な情景を心に包み込めればと思う次第です。世界に類と無い日本の自然美を皆様に伝えられれば本望です。「人生は短し、されど芸術は長し」。