ホームページ管理上のお知らせ

本ホームページへの記事掲載については下記の原則を適用しておりますのでご理解のほど御願いいたします。

 

1. 公序良俗に反しない限り、提供いただいた原稿はそのまま掲載しています。(当協会としての大原則である”表現の自由と責任”を尊重するため)

2. 原則的に、6ヶ月以上たった原稿は”特に依頼のない限り”削除します。(サーバーの容量と管理上の理由による)

3. 2013年3月以前の旧ホームページは、2016年3月31日をもって削除いたしました。(2013年3月でのホームページ作成者交代に伴い、作成ソフトが変わっているため)

会員写真展案内

JPA岡山サポーター   「ING&NEXT」写真展

坂直尭写真展      「女はとても美しい」

大友洋子写真展      「道東に生きる」

第13回JPA会員『夢』写真展

第2回 津田写真塾写真展

山田ひろし 写真展

山田ひろし YAMADA Hiroshi  会員番号368

 神奈川県湯河原町に在住、1974年(昭和49年)フリーの写真家として出発。1977年(昭和52年)JCA日本クリエイターズ協会代表を経て1979年(昭和54年)独立、山田フォートプロダクション代表として、各大企業、行政、団体の広告企画制作、写真家として活躍。

 写真展は熱海で年3回から4回、約16年間(MOA美術館となり救世会館で開催。 その他、小田原、三重県、名古屋、東京、ブラジル国タイ国などで開催。出版物は写真集「京・嵯峨野光と風」平凡社刊を始め18冊以上

 

       〒259-0302 神奈川県足柄下郡湯河原町門川61-1

             電話 0465-63-0669 FAX 0465-63-0675

                      山田フォートプロダクション

 

「秋 色」 京・嵯峨野(広沢池周辺)

 京都の秋は観光客で賑わう季節で、宿泊施設が昨今では取りにくいと言われている。そのような古都の中でも嵯峨野は昔の面影を残す人気の地域で風情豊かな場所でもあります。

 その嵯峨野の中の広沢池周辺を中心に秋の紅葉の時期に自然が織りなす美しい風景を、一部分ではありますが、写真で紅葉狩りを楽しんでいただきたく、ご覧いただければと思っております。

富士山世界文化遺産登録記念「霊峰 富士」

 日本人は古来より、美しい山々の姿に聖なるもの(神仏)の実在を直観し、その威徳によって自らの心身を正し、同時に様々な祭礼行事や伝統文化を育んできました。中でも、独立峰の富士山は、日本を代表する霊山として崇められ、その秀麗な山容は世界の人々に愛されております。

 富士山は、周辺の自然環境も含めて、四季折々、時間帯によってまた気象条件によって、さらには見る場所によって千変万化し、思いがけない姿を次々に見せてくれます。

 私も、その美しさに魅了され、長年にわたって撮り続けてきました。今回はその一部を展示させていただきましたが、皆様方には富士山の魅力の一端を感じ取っていただければ幸いです。

「霊峰 富士」 春・夏

「霊峰 富士」 秋冬

太陽 No.1 (朝陽・夕陽)

 日本列島は島国と言われて、世界から見て極東の地域にあり、その極東のさらなる極極東に存在しています。太陽が早く昇る国日本。美しい国です。

 日本の国旗も太陽のイメージされた神々の国。一昔前までは黄金の国ジパングと世界から言われ、今はその言葉がジャパンになったと言われています。

 日本は山岳信仰と言われていますが、さらに超古代では太陽信仰と言われ、また八百万(やおよろず)の神が存在すると伝えられてきました。

 その美しい日本各地の一部地域の太陽をお届けさせていただきます。                 

 

太陽 No.2 (朝陽・夕陽) 伊豆半島

 伊豆半島の東側海岸は朝陽、西海岸側は夕陽が美しい。また関東地方の身近な観光リゾート地として、多くの観光客が訪れている。

土曜、日曜、祝日は車で気軽にドライブ観光も楽しめる事もあって道路の混雑も起きているほどです。

 意外と朝陽の時間帯や夕暮れ時の時間帯は観光客が少ないと言うより、ほとんどいない。伊豆半島を東側から西側、又その反対方向へ海岸沿いに一周する人は、宿泊を予定している人は別にして、ほとんどいない。

 特に伊豆半島の西側の道路は、曲がりくねった道が多く、訪れる観光客は少ない。定期バスも運行しているが、利便性としては、自家用車、及び貸し切り観光バスがほとんどである。

 そこで伊豆半島の美しい朝陽、夕陽を、皆様の今後の写真撮影にもお役にたてばと思っています。