会員写真展案内

師岡清高写真展         This word has various   meanings

2021年1月7日(木)~2月1日(月)

リコーイメージングスクエア

東京 ギャラリーA

宮内勝廣写真展    「祇園舞妓       日々のつれづれ」

2021年4月2日(金)~

4月8日(木)

富士フイルムフォトサロン東京

四季折々、町家の陰影が醸し出す舞妓の日常を中心に全紙・半切、カラー・モノクロ合わせて40枚を展示

奥田恭子写真展    「想い出のバングラデシュ」「インド風貌」

2021年4月14日(水)~

4月19日(月)

みなとみらいギャラリー A・B・C

占部俊和 写真展

占部俊和 URABE Toshikazu  会員番号577

1945年 福岡県北九州市生まれ、住友銀行(現、三井住友銀行)勤務を経てからフリーカメラマン。千葉県在住。

 

二科会写真部会友、日本写真作家協会会員

 

 

一期一会の富士

富士山の撮影はその時、その場所に居ることが当然の要件ながら、居ても兆候を見逃すと大切なチャンスは二度とは廻ってこない。富士山ほど条件の難しいものは無いということが、年を追うほどに痛切に感じられ、まさに一期一会の世界であり、それゆえにいい条件に合えたときの感激はひとしおで、撮影に行くのは辛いが止められないテーマとなり20年間の出会いを「一期一会の富士」として2010年に発刊。富士山の世界遺産登録の喜びの一助として此処に今は見られなくなった風景を含めご高覧頂ければ幸いです。