旧ホームページ  および旧ホームページ上のWEB 写真展は2016年3月31日をもって閉鎖いたしました。

ホームページ管理上のお知らせ

本ホームページへの記事掲載については下記の原則を適用しておりますのでご理解のほど御願いいたします。

 

1. 公序良俗に反しない限り、提供いただいた原稿はそのまま掲載しています。(当協会としての大原則である”表現の自由と責任”を尊重するため)

2. 原則的に、6ヶ月以上たった原稿は”特に依頼のない限り”削除します。(サーバーの容量と管理上の理由による)

3. 2013年3月以前の旧ホームページは、2016年3月31日をもって削除いたしました。(2013年3月でのホームページ作成者交代に伴い、作成ソフトが変わっているため)

会員写真展案内

菅家令子油絵展     「世界で たった ひとつ!」

笹尾敏子写真展     「刻の記憶Ⅱ」

吾妻克美作品展 和響

長井泰彦写真展      郷さと・紀行  湖国の香り

平成28年の熊本地震に寄せて  堀 節子

平成28414日以降、熊本県を中心に発生している一連の地震により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。また、被災者の救済と被災地の復興のために尽力されている方々に深く敬意を表します。

 被災地では5月中旬を過ぎてもなお余震が続いていますし、気象庁は引き続き激しい揺れを伴う地震が起きるおそれがあるとして警戒を呼びかけています。今も多くの方が不自由な生活を強いられるだけでなく、日々変わる状況と将来への不安を抱えられていることに、胸が締めつけられる思いです。

 この写真は、地震の被害を受ける2か月前に撮った熊本城です。熊本城は、同県民にとって“シンボル”と聞いております。観光の折、熊本の皆様が今なお加藤清正公を尊敬し仰いでいることに深い感銘を受けました。旅先で撮影したもので作品とはいえない写真ではありますが、今回の惨事や県民の皆様の苦しみを忘れることなく応援したいと思い、またその気持ちをシェアしていただければとの願いで投稿いたしました。

皆様の安全と、熊本の心意気“肥後もっこす”で、一日も早い復興が実現するよう、心よりお祈り申し上げます。

 

熊本城

安土桃山時代から江戸時代にかけて築城され、加藤清正が中世城郭を取り込み改築した。別名「銀杏(ぎんなん)城」。日本三名城の一つとされ、「清正流(せいしょうりゅう)」と呼ばれる石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが建ち、一大名の城としては“日本一”と評されている。「日本さくら名所100選」に選定される桜の名所であり、大銀杏の紅葉など四季折々に見どころがある。 

http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/