旧ホームページ  および旧ホームページ上のWEB 写真展は2016年3月31日をもって閉鎖いたしました。

ホームページ管理上のお知らせ

本ホームページへの記事掲載については下記の原則を適用しておりますのでご理解のほど御願いいたします。

 

1. 公序良俗に反しない限り、提供いただいた原稿はそのまま掲載しています。(当協会としての大原則である”表現の自由と責任”を尊重するため)

2. 原則的に、6ヶ月以上たった原稿は”特に依頼のない限り”削除します。(サーバーの容量と管理上の理由による)

3. 2013年3月以前の旧ホームページは、2016年3月31日をもって削除いたしました。(2013年3月でのホームページ作成者交代に伴い、作成ソフトが変わっているため)

会員写真展案内

菅家令子油絵展     「世界で たった ひとつ!」

笹尾敏子写真展     「刻の記憶Ⅱ」

吾妻克美作品展 和響

長井泰彦写真展      郷さと・紀行  湖国の香り

顧問紹介

師岡清高 MOROOKA Kiyotaka

 

E-mail:morooka@osaka-geidai.ac.jp

 

略 歴

1948年 大阪に生まれる

1968年 大阪芸術大学 美術学科 入学

1971年 大阪芸術大学 美術学科 写真専攻 卒業

1980年 大阪芸術大学 写真学科 専任講師

1993年 大阪芸術大学 写真学科 助教授

2004年 大阪芸術大学 写真学科 教授

2013年 現在大阪芸術大学 写真学科 教授

 

 

業 績(個 展)

1983年 『印象』 -lmpression-

       キヤノン・サロン  東京・大阪・広島

1986年 『Under My lmpression in Europe』

       コダック ナガセ・フォトサロン 東京・大阪・名古屋

1990年 『閉ざされた記憶』-Closed Memory-

       テクラ・ギャラリー 神戸

1993年 『閉ざされた記憶 Ⅲ』 キヤノン・サロン

       東京(銀座・新宿)大阪・福岡・札幌

1998年 『閉ざされた記憶 V』 韓国(大邸)

       Dong-A Gallery ・ 大邸

1999年 『閉ざされた記憶 VI』 韓国(釜山)

       Photo Gallery 051・釜山

2004年 『一瞬の表出』韓国(光州)

       OBS Gallery

2005年 『一瞬の表出』 都市生活工房ギャラリー

       5月10日〜23日

2012年 『This word has various meanings』

       GALLERY LUX韓国 ソウル 2月22日〜28日

2012年 『This word has various meanings』

        神戸 堀川ギャラリー 12月19日〜25日

2013年 『This word has various meanings』

       大阪 WAギャラリー 1月31日〜2月5日

 

業 績(グループ展)

1986年  一流作家オリジナルプリント展

      富士フォトサロン

1989年  フランス革命記念 『パリ・パリ祭写真展』

      国際交流センター

1989年  『フォトバリエーション25』

      近鉄プロムナードギャラリー

1991年  『写真表現の5つのイディオム展』大阪芸術大学 情報センター

      シンポジウム 情報センター (芸術計画学科・写真学科共催)

1995年  日本写真家協会 日本現代写真史談 『記録・創造する眼』

      日本の現代写真1000に「閉ざされた記憶」選出

      東京・日本橋三越本店 大阪・ナビオ美術館 他

1996年 『DEUX DEUX UN』写真家五人展

      ギャラリー新居 ホテル日航大阪

1996年 『二つの視点』 大阪芸術大学主催

      阪急百貨店 美術フロアー

1997年 『上海・大阪作家交流展』

      中国上海 亜新百貨店

1997年 『Photo Variation 三人展』

      クリエイト・フォトギャラリー

1998年  DEUX DEUX UN『ひと・とき・ところ』写真家五人展

      キヤノン・サロン 東京(銀座)・大阪(梅田)・福岡・仙台

2000年  DEUX DEUX UN 『刻を超えて』可視される刻

      富士フォトサロン 東京9月1日〜7日・大阪8月4日〜10日

2002年  関西在住写真家展 3人展  「すべて瞬間と共に」

      伊丹工芸センター  1月6日〜1月27日

2005年  美の冒険者たち展

      ART COURT Gallery 7月26日〜7月31日

2005年  DEUX DEUX UN 『今』 写真家五人展

      都市生活工房ギャラリー 11月21日〜12月3日

2007年  日本写真家協会 関西写真家達の軌跡展

      兵庫県立近代美術館 5月10日〜19日

2008年 FLOW photography from JAPAN

      韓国 ソウル ILLUM 1月28日〜2月16日

2009年 DOES IT WORK 関西10人作家展

      大阪キヤノンサロン 12月10日〜16日

2011年 DOES IT WORK 関西10人作家展

      大阪キヤノンサロン 12月15日〜28日

2012年  Contemporary Korean,Chinese,and Japanese Photographs

     「Performance by onlookers」Title「Untitled」

      Seou1 Art Center  5月5日〜5月22日

2012年  美の冒険者たちTitle「Untitled」

      三越伊勢丹美術画廊 8月11日~16日

2013年  ソウルアートフェアー 招待出品

      ソウルCOEX 4月2日〜5日

 

誌上作品発表

1985年  オール関西 1月号 『アドリア海の真珠・ドブロクニク』

1986年  The Fauntains 『フオトグラフィア・ヨーロッパ』

1991年『閉ざされた記憶 Ⅱ』 大阪芸術大学 紀要  芸術14

1995年  日本写真家協会『記録・創造する眼』日本現代写真1000に選出

1998年  PHOTOGRAPHIC JOURNAL 「PHOTO HOUSE 37」

        『写真家との対話』

2011年『刻の表出』 Canon MOMENTS

 

研究業績

 

塚本学院研究補助による研究

 

1.1988 ・ 1991 ・ 1992

  『ピクトリアリズムによるヨーロピアンイリュージョン』

   絵画的技法による幻想表現(ヨーロッパ)についての研究

2.1993 ・ 1994 ・ 1995

  『物質と時間における関係』

   時と共に変化する物資と写真の持つ永遠性についての研究

3.1996 ・ 1997 ・ 1998

  『写真表現における記憶について』

   人の記憶と写真映像の記録性についての研究

4.1999 ・ 2000

 『ディスタンス・ディスタンス』

   距離が築く解釈の違いについての研究

5.2006

 ライカと写真行為の革新一写真の可能性について研究

 

 

活 動 業 績

 

1993年 「奈良フォトワークショップ」    招聘講師

1994年 「東川写真フェステバル」(北海道) 招聘講師

1995年 「奈良フォトワークショップ」    招聘講師

1996年〜2010年 「東川賞」  ノミネーター

1996年 「アジア青年国際会議」(韓国・済州島)「日本・韓国・台湾」

     第一回アジア・フォト・ワークショップ・イン・チェジュ96

     招聘講演 演題「時間と空間」・「写真教育について」

1997年 「奈良フオトワークショップ」 招聘 講演(フランス美術散歩)

1999年 「奈良フオトワークショップ」 招聘講師

2000年 伊丹市立 工芸センター 写真講座10回

2001年 「奈良フオトワークショップ」 招聘講師

  7月 韓国・順天 「韓国・台湾・日本」

第2回  アジア・フオトワークショップ 実行委員として参加

    韓国 プサン 大阪芸術大学 「写真学科学生展」 企画開催

    大阪府 守口市展 審査員(現在も継続)

2003年 「奈良フオトワークショップ」     招聘講師

2004年 12月国立順天大学 講師として招聘「写真表現について」講演

2005年 8月 国立順天大学ワークショップ 企画開催

2008年 大阪ビジネスパーク 審査(現在継続)

2009年  大阪みどり公社 花の文化圏 審査(現在継続)

2011年  香芝市展 審査

  小野市美術展 審査(現在継続)

 

 

 

所 属 学 会

日本写真芸術学会  会員

日本写真協会 PSJ会員