会員写真展案内

新 写GIRL展      女はとても美しい    第42回KPC公募

2020年11月23日(月)~  11月29日(日)  GALLERY KUBOTA    (ギャラリーくぼた)別館

第三回高松典亨 写真展 「東葛の自然風景」

2020年11月29日(日)~  12月3日(木)       柏の葉 UDCK アーバンデザインセンター(PLS)

籔本近己写真展     「軌跡をたどる」 Follow the Tracks Vol.12

2020年12月9日(水)~

12月13日(日)

Gallery Hommage

関連団体

当協会の事業・活動に関連する諸団体へのリンク集です。(記載は順不同)

*一般社団法人 日本写真著作権協会(JPCA)

 

写真の著作権について研究・啓発を行っている団体です。JPAを含む写真関連11団体が会員となっており、JPA会員にはJPCAから「著作権者 IDナンバー」が付与されます。

JPAは、JPCAとの共催セミナーを全国で開催しています。

 

 

*公益社団法人 日本写真協会(PSJ)

1952(昭和27)年に設立。写真関係の主な業界団体やメーカーを賛助会員に網羅し、個人正会員約1,700名を擁する国内最大の写真団体です。JPAも賛助会員として加入しています。

 

 

*公益社団法人 日本写真家協会(JPS)

1950(昭和25)年に創立されたプロフェッショナルを対象とする職業写真家の団体です。JPAは創立時から同協会と友好・協力関係にあります。また、同協会と日本写真著作権協会(JPCA)とは特に関連が深く、連携して写真著作権に関するセミナー等を開催しています。

 

 

*公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)

1958(昭和33)年に広告写真家たちの職能団体として設立、国内外で広告写真に関わる活発な啓蒙活動を続けています。写真関連セミナーや肖像権関連のシンポジウム、『年鑑 日本の広告写真』や広報誌の発行などの活動を行っています。

  

 

*全日本写真連盟東京都本部

全日本写真連盟は、1926(大正15)年に創設された写真愛好家の団体。朝日新聞社が後援する全国的な組織で、略称は「全日写連」です。各地に支部があり、東京都支部でも写真教室や撮影会、コンテストを開催しています。

 

 

*東京都美術館

日本初の公立美術館として1926(大正15)年に誕生以来、美の殿堂としての役割を担っています。年間300を超える展覧会が開催されており、2017年JPA東京展はここを会場に開かれます。自然豊かな上野公園の中にあり、多くの人から“上野の美術館”と親しまれています。

 

 

*東京都写真美術館

世界でも数少ない写真と映像の専門美術館。JPA東京展もここを会場に数回開催しています。2年間の大規模改修を終え、2016(平成28)年9月3日にリニューアルオープン。以後多彩な催しが予定されています。

 

 

*文芸美術国民健康保険組合

文芸・美術・映画・写真などの著作活動に従事する者で構成される健康保険組合です。略称は文美(ぶんび)国保。JPAは組合員として加入しております。JPA会員で個人事業主の方は、市区町村の運営する国民健康保険に代えて、この文美国保に加入することができます。