ホームページ管理上のお知らせ

本ホームページへの記事掲載については下記の原則を適用しておりますのでご理解のほど御願いいたします。

 

1. 公序良俗に反しない限り、提供いただいた原稿はそのまま掲載しています。(当協会としての大原則である”表現の自由と責任”を尊重するため)

2. 原則的に、6ヶ月以上たった原稿は”特に依頼のない限り”削除します。(サーバーの容量と管理上の理由による)

3. 2013年3月以前の旧ホームページは、2016年3月31日をもって削除いたしました。(2013年3月でのホームページ作成者交代に伴い、作成ソフトが変わっているため)

会員写真展案内

兼𠮷正純Photoアート展  魅惑の花鳥 風月

第2回 津田写真塾写真展

個性という名で集結    久野鎮「心象創幻個展」

ニュース

JPA岡山展、昨年より大幅増の来場者を集め盛況のうち終了

 JPA岡山展が、岡山県天神山文化プラザにて4月11日から16日まで開催された。

 本展の出品作品475点は写真会の王道を堪能できる絶好の機会であり、テーマ部門「日本の災害と復興」では 少し異なるアプローチで作品が紹介され、来場者数は昨年から約400人上回る2,618人となった。

 初日は、岡山アークホテルで懇親会が開かれた。津田一郎会長、三輪晃士副会長はじめ、中四国在住の入賞者、入選者にも出席いただき交流を深めた。

 会期中の4月15日には 蜂須賀秀紀JPA会員を講師として迎え、86人の来場者を集め、ステージイベント「個性的表現術」が行われた。来場者は「とてもわかりやすく楽しかった」と会場を後にされた。

 JPA岡山がここに生まれ2年。これからも進化し続けていきたいと思う。ご協力をいただいている皆様の心温まるご厚意に深く感謝したい。 

記:土居礼子 写真:萩原秀政

 

JPA仙台展、1,682人の来場者を集め無事終了

 東北エリアで2回目のJPA仙台展が3月31から4月5日まで昨年同様の仙台市青葉区の「せんだいメディアテーク」6階のギャラリーで開催された。

 会場には約500点の作品が展示され、中でも公募の「日本の災害と復興」部門の東日本大災害の被災地を捉えた作品は、来場者の目を引いていた。

 初日には交流懇親会が、仙台市内のスマイルホテル仙台国分町で同展実行委員のメンバー、来賓者、地元の写真家、仙台市在住の公募展入賞、入選者など33人の出席者のもとで、和やかに開催された。

 始めに、主催者の津田一郎JPA会長が「仙台展は東北のその後の災害復興の一環として、また皆様の力お借りし、仙台で一人でも多くの会員を増やせればよいと思い始めました」と開会の挨拶。また来賓の小野寺健仙台市会議員は「おばんでございます。仙台展も今年で2回目の開催となり、仙台の方々も多く参加してくださり、文化的なことですので、来年に繋がると有り難いです」と挨拶された。三輪晃士JPA副会長が「仙台の方々からJPAに大きな力をいただきありがとうございます」と乾杯の音頭がとられ、しばし写真文化に話を深め、仙台の方々と親睦を深めた。

 1日午後、せんだいメディアテーク7Fのスタジオシアターで、津田会長の土門拳賞受賞の写真集「奥の細道」の講演が行われるなど盛況であった。

 3月31日と4月1日の2日間で500人以上の来場者があり、会期中の総数は1,682人と仙台展実行委員長の梅津聡会員から報告された。前回の1,240人から大幅な増加である。来年も開催されることを願う。

記:山田信次

 

JPA米子展、好天のなかスタート

 鳥取県米子市で4回目となる米子展が始まって早や3日が経った。

 初日から好天に恵まれたこともあり、昨年とほぼ同様の好調な滑り出しで、現時点の入館者数は778名に上っている。会期中盤から終盤も更にPR作戦を展開し、入館者の増加を図りたい。とはいえ天気予報は雨模様とあり、来場者の足が鈍るのではないかと心配しているが、天気に負けず成功を目指すのみである。

 19日午後は芳賀健二講師によるセミナー、夕方からは恒例の祝賀会を開催。鳥取県をはじめ米子市、米子市教育委員会、文化事業団、美術館、そして文化団体、経済界、マスコミ等の代表者の出席をいただいた。JPA本部からは津田一郎会長、南村康弘名誉会員、藤本光浩理事が参加。大変賑やかな顔ぶれとなり、大いに交流を楽しんだ。

3月20日記:JPA米子展実行委員長 福島多暉夫

第27回JPA大阪展開催

 JPA大阪展が、大阪市立美術館で2017年1月11日から15日まで開催された。近年にない猛烈な寒波と積雪に見舞われたが、1,721人の入場者で熱気ある会場となった。

会場入口に第一歩入ると、 大阪展独特の大看板も小さく見えてしまうような26mW×20mD×5mHの大きなギャラリー空間が480点もの作品群を飲み込み、見通しのきくスペクタル感がまだ見ぬ期待感を膨らませる。

 個性的で熟練的な会員作品と真摯的な公募作品をおびただしい規模で一堂に会すことにより、感性を拡げる機会にとギャラリー間を巡る写真愛好家には正に、効率的な「鑑賞の場」を提供しており、これがJPA展の真価であることを、多数の作品に半日をかけて鑑賞し会場を出る老若男女の充実感の感想から理解出来る。

記:藤本光浩

 

入選者をまじえた大阪展相互親睦会が大いに賑わう

 大阪展3日目となる1月14日、入選者、賛助会員、来賓、会員の相互親睦会が開かれた。会場は、折しも真田幸村で押せ押せムードの大阪天王寺にあるホテルバトゥール大阪。和やかに盛り上がるなか、津田会長が公募展テーブルで入会申込書を渡すなどのあと、APA/JPSの藤本俊一氏の有意義な挨拶と一本締めでクライマックスとなった。

記:藤本光浩

 

南村康弘名誉会員を講師にJPAセミナー開催

 大阪展の一連行事として、「我ら何を撮るべきか」をテーマにJPA セミナーが開催された。会場は、国の重要文化財に指定されたネオルネッサンス様式の由緒ある大阪市中央公会堂の地下大会議室。約60人の会員・一般の方々が南村講師の話を楽しく聞き入った。

 南村会員の大学教授時代の講義調子をベースに、数十枚のサンプル写真で、良い写真とは何か、を話された。講演の最後は、大阪の写真家、安井仲治の「写真家四十八宜し」で、

特に

・ろくでもないもの感心せぬがよろし

・井の中の蛙、自惚れぬがよろし

・すぐに天狗にならぬがよろし

など、現代でも通じる句で締めくくられた。

記:藤本光浩

 

第27回JPA展・第14回公募展                                                     東京展、初日来場者は860人、会期中は5,022人で賑わう

 第27回日本写真作家協会会員展・第14回日本写真作家協会公募展(東京展)が、東京・上野の東京都美術館で2016年12月13日から20日まで開催された。

 公募展の規定が今年から「他のコンテスト等で入賞、入選した作品の応募も可」となったことで、応募総数は2,752点で、昨年の約20%増となった。その中で入賞、入選作品249点とJPA会員作品229点が会場に展示された。当日は860人の来場者があり盛況ぶりを見せた。合計入場者は5,022人と、連日写真愛好家で賑わった。

 この後は2017年1月11日から15日まで大阪市立美術館で大阪展、3月18日から26日まで米子市美術館で米子展、3月31日から4月5日までせんだいメディアテークで仙台展、4月11日から16日まで岡山県天神山文化プラザで岡山展として東京展と同じ内容で巡回展示される。

 公募展の表彰式は、東京展開催当日、同館講堂で開かれた。津田会長は「スマホでも押せば写る時代になったが、自分の気持ちをどう写真の中に写し込むか肝心だ」と挨拶された。その後入賞、入選者ひとり一人に表彰状が会長、副会長から手渡された。

 最後にJPA大賞・文部科学大臣賞を受賞した峯島モトコさんは受賞の喜びの挨拶で「大賞の知らせを受けてびっくりしました。写真をやっていた主人の影響で風景を撮り始めて約20年。これからも目につくものを撮っていきたいです」と笑顔で話した。会場からは大きな拍手が送られ閉会した。

記:山田信次

 

東京展、講演会と写真教室、盛況のうちに終了

 東京展の初日の12月13日、東京都美術館講堂で、米山悦朗会員による講演会「天空のシルクロード」があった。標高4,000メートルを超えるアフガニスタン東北部の秘境「ワハーン回廊」の旅を約50点の作品を通じて紹介。参加者たちは真剣に聞き入っていた。

 12月16日は2つの写真教室が開催された。講師の芳賀健二会員、蜂須賀秀紀会員お二人ともに人気の講師とあって、会場はほぼ満員、200名以上の聴衆がその話に聞き入っていた。

 芳賀会員は「美しい四季とともに」のテーマで作品約150点を上映しながら、日本の美しい自然に関する自身の哲学と撮影に関するテクニックを話されていた。蜂須賀会員は「蜂須賀秀紀の個性的表現術」をテーマに、ご自身の40年以上にわたる写真歴の中で確立したイメージの表現方法を、動物園における動物写真を中心に解説された。 

記:米山悦朗

 

飯島篤名誉会員追悼

 飯島篤名誉会員が亡くなりました。

飯島氏は故三木淳創設会長がJPAを立ち上げる時の渡辺名誉会長、津田会長や私等を含め17人のメンバーのおひとりでした。当時、三木氏の自宅やホテルの集会場等で会合を重ねていたことを思い出します。協会の事務所に飯島さんの申し出により、事務所の一部を使用させていただくことも真剣に検討し、メンバーが下見に伺ったことも昨日のことのように覚えています。

 協会が発足してからは協会活動の実績として講演会に知り合いの文化庁の審議官などにも講師要請していただいたりと舞台写真家としてお忙しい中、協会の活動を役員として補佐していただきました。

 飯島氏は日本の舞台写真家のパイオニアとして、世界的な著名なピナ・バウシュや森下洋子、ヌレエフ、ジョルジュ・ドン、フェルナンド・ブフォネス、グラハム等の舞台撮影を数多く行なってきました。

 2011年、舞台写真展「舞台芸術を記録し続けた飯島篤、その半世紀のかけら〜飯島篤が出会ったフォトグラファーと共に綴る〜」として、横浜赤レンガ倉庫で様々の舞台写真や海外のダンス情報等にも接することの出来る大掛かりなイベントをされました。

 その時、飯島氏の舞台写真に対する姿勢が次のように記されていました。「私が約半世紀にわたり写真として撮影してまいりました舞台芸術全般のなかから、数十点を展示しています。写真はそれを撮影したカメラマンの作品ですが、こと舞台写真に限定していうならば、まずはじめに舞台芸術として創られた作品があり、それを写した結果にすぎません。シャッターを押したのは確かに私ですが、同じ空間で展開される舞台に心震え、指を動かされて捉えた(捉えさせてもらった)瞬間も数多くあります。被写体とともに躍りながら撮影した瞬間もあります。次はどんな動きで来るのだろう、どんなライティングで浮かび上がるのだろう、と予感し被写体と対峙するような心構えで撮影した瞬間もあります。 

 写真に共通していえるのは、瞬間を捉えたものということです。しかしながら舞台芸術は瞬間の芸術ではありません。それは演者だけの力で作り上げられるものではなく、振付家、演出家はもちろんのこと、企画、照明、音響、美術、劇場などに携わる大勢のスタッフの力が合わさることではじめて、舞台芸術となり私たちが目にするのです。写真として記録するということは、その舞台芸術をカメラマンが好き勝手に切り取るようなものです。

 この仕事は舞台芸術への熱い想いと尊敬と、なによりも謙虚な気持ちを持って臨まなければいけません。そうでなければ、カメラマンの独りよがりになってしまいます。その意味で、ファインダー越しに垣間見た世界が写真展会場に再現できていれば、これ以上の喜びはありません」

この文を読み返しながら・・・ ご冥福をお祈り申し上げます。                              記・写真:竹上正明                                                                         

 

藤本光浩会員が理事に就任しました

 一般社団法人日本写真作家協会役員選挙規則第7条第1項第2号及び同条第3項に則り、持ち回り理事会の決議を経て、津田一郎会長が7月29日付で藤本光浩会員(会員番号791)を理事に任命しました。

                                 JPA事務局

藤本会員のプロフィール(クリックで拡大します)

約250点を展示。菅家令子会員のアートギャラリー

新潟市在住の菅家会員が、自身の写真や油彩作品を展示する「菅家令子アートギャラリー」を開いています。

開設のきっかけは、「作品を保管する場所が足りず、仕事場の壁に掛けたこと」だそう。思いがけずギャラリーのような雰囲気になったことから、そのままアートギャラリーとして公開がスタートしました。 

 現在、約250点の写真および油彩の作品が展示されており、将来は、写真と油絵それぞれの作品展を、年2回のペースで企画したいとのことです。

 「ぶらっと遊びに来ていただければ嬉しいです」と菅家会員。お近くにお越しの際は、訪ねてみてはいかがでしょう。

 

菅家令子アートギャラリー

新潟市西区寺尾東1-5-37

電話:025-378-0789

菅家会員HPhttp://www.ryokokanke.com

※来訪の際は事前に連絡をお願いします

 

棚井文雄会員の作品が、ニューヨーク近代美術館(MoMA) に収蔵

 MoMA(モマ)の愛称で知られる近現代美術の殿堂、ニューヨーク近代美術館。

 棚井文雄会員の作品は、これまで「New York Tales」、「Shades of Cities」、「SPIRITS of PAPYRUS」の3シリーズが収蔵されていましたが、今回、新たに「NUCLEAR CITY」もコレクションされました。

  今後、アート関係者、教育者などが閲覧出来るようになるとのことです。

※写真は、「Shades of Cities」 「New York Tales」より

米山悦朗会員の作品が、岡谷蚕糸博物館で常設展示に

 2015年2月、神楽坂にあるギャラリー「えすぱす ミラボオ」において、米山悦朗さんの作品展「KINU「絹」−カイコから糸へ−」が開かれました。このたび、そのなかの20点が、同年4月25日より長野県岡谷市の岡谷蚕糸博物館に常設展示されることになりました。

 今後、これに引き続き「ウズベキスタンの絹」「安曇野の天蚕」をテーマとする米山さんの作品が、順次展示される予定です。

 岡谷蚕糸博物館は諏訪湖のほとりにあり、日本における絹の歴史を振り返る貴重な展示物をはじめ、期間限定の企画展、ワークショップなども楽しめる、世界にも類を見ないユニークな博物館です。お近くにお越しの際はぜひご観覧ください。

 

岡谷蚕糸博物館

開館時間:午前9時~午後5時

休館日:毎週水曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始

〒394-0021 長野県岡谷市 郷田1-4-8

TEL:0266-23-3489

http://silkfact.jp/